Welcome to my homepage

力強い経営と文化貢献で名をとどろかせる福岡銀行

福岡銀行は、福岡市中央区を拠点とする優良地方銀行で、地元の人たちからは「ふくぎん」と呼ばれて親しまれています。
明治の国立銀行「第十七国立銀行」をルーツとしており設立は昭和20年で、この当時、地銀では最も有力な銀行として全国に知られていました。
というのも、福岡県の中心的な産業であった炭鉱産業が全盛だったからです。
しかしその後、燃料エネルギーが石炭から石油に取って代わられ、炭鉱産業は急速に衰退しました。
石炭需要の急低下に伴って、福岡銀行も一時は経営が振るわなくなりました。
しかし不良債権が少なかったことや、堅実な財務体制を築いてきたため業績はすぐに回復。
現在でも日本を代表する地方銀行の一つとて、優良経営を続けています。
本店は世界的に有名な建築家・黒川紀章氏によるもので、開放的な吹き抜けの広場空間と長方形の建物がドッキングした先鋭的なデザインが印象的です。
広場はイベントにも利用されており、福岡市民の憩いの空間となっています。
昭和62年以来、地域貢献事業として続けられている「ビルの谷間のコンサート」は、昼休みのひとときを音楽で楽しんでもらいたいとの思いから、地元で音楽活動を行うグループを招いて開催するミニコンサートで、地元の人達から喜ばれています。
また本店の地下にはコンサート会場も設けられており、様々なコンサートが開催されています。
中でも、九州交響楽団による演奏会は、高い評価を受けました。
平成17年から頭取を務める谷正明氏は敏腕で知られており、全国地方銀行協会の会長にも就任しています。
頭取就任後、熊本ファミリー銀行や長崎県の親和銀行を傘下におさめ、預金量では地方銀行のトップクラスに躍り出ました。
こういった銀行なので、10万円借り入れしたいときなどでも、利用してみてはいかがでしょうか。

事業融資において大事な点とはプレゼン

事業融資をしてくれる金融機関はいくつもあります。
例えば、銀行はそうですし、信用金庫、組合、或いは商工ローンと言うところもあります。
すべてに言えることは、その事業に対して融資をする点です。
つまりは、どんな商売なのかをしっかり説明することが必要になります。
要するにプレゼンをするわけです。
事業計画書を提出して、細かい説明をします。
利益率や見込み、これまでの実績など色々と相手に説明をすることになります。
例外的なことを言えば、その融資分を遥かにカバーすることができる担保があるのであれば、貸してくれる可能性は極めて高くなります。
融資に連帯保証人や担保をつけることは珍しくないです。
むしろ、ほぼ求められるといえます。
その上で、不動産などの確実な価値がわかる担保であれば、事業はどうあれ、回収できる見込みがあるので融資をしてくれる可能性は高くなります。
金融機関としては、何よりも回収できるかどうかが重要なポイントになりますから、その融資分の価値がある不動産などの担保があれば、それは貸出先としてかり優良であるわけです。
事業計画書の書き方、その説明の仕方などによって、融資をしてくれるのかどうかに影響が変わってきます。
そのあたりのことを指導してくれるコンサルタントすら存在している程です。
事業融資は一時凌ぎではなく、コンスタンスに必要となる資金であれば、これまでの実績と踏まえて貸してくれる可能性は高いです。
長くやっていることが重要です。

キャッシュフローで会社の状態がよくわかります。

血液や水道にも流れがあるように、お金にも流れがあって、それを説明しているものをキャッシュフローと言います。
今回はこれの仕組みを説明していきます。
お金とは、一定期間に流入するお金と、流出するお金があって、前者をキャッシュインフロー、後者をキャッシュアウトフローといい、この両者を総称してキャッシュフローというわけです。
つまりは、インがアウトを超えなければ利益が出ていることを示しており、その逆だと赤字だということを意味しています。
掛で商品を売った場合は、損益計算上では売り上げになって、収益になりますが実際にお金が入らなければインは0ということになります。
ですからこの計算から、利益は大きいのに現金がないといった数字が出るので、キャッシュを生み出せない原因が何かがよく分かるようになっています。
キャッシュフローには3つの活動からできます。
営業活動と投資活動と財務活動によるもので、正常な会社ならば基本的には営業活動を行うことによりお金を稼ぐことが求められるはずです。
投資活動は、一般的にには証券購入と思われがちですが、設備購入や事業投資の場合が多いのが現実で、正常な会社は設備投資に力を入れるわけですから、マイナスになるのが一般的です。
そして、財務活動においては、プラス表記ならば資金を調達したことを指しており、マイナス表記ならば資金を返済したことを指しています。
このように単純な売上のみならず、キャッシュの流れをしっかりと読む事で会社の状態がわかることになります。

開業前に資金計画書を作成して必要な資金を算定しましょう

資金計画書とは、起業を考えた場合に必要な資金がどのくらいになるか算定するものです。
借り入れをする際には、事業計画書や収支計画書が必要となります。
必要な資金を把握出来ていないと、それらの書類を作成するのも難しくなり、
融資を断られてしまう可能性もありますので、綿密に作成しましょう。
資金計画書を作るには、まず、開業に必要な資金と開業後経営に必要な資金と分けて考えて概算します。
開業資金にかかる代表的な費用は、事務所や店舗を借りるための費用、内装や設備にかかる費用、
事務機器や機械、自動車等や消耗品等の什器備品にかかるもの、開業当初の商品代等です。
経営に必要な費用は、変動費と固定費とに分けられ、月々いくらかかるかを算定します。
変動費の代表的なものは、商品の仕入れや外注費、その他消耗品費となり、 固定費の代表的なものは、店や事務所の賃料や水道光熱費、人件費、リース料等の決まった額の経費となります。
これらの費用にいくらお金がかかるか算定すればどのくらい資金が必要かが大体わかるようになります。 なお、自己資金が足りない場合はお金を借りる必要がありますので、月々の返済も固定費になりますので注意してください。
だいたい掛かりそうな費用が把握できたら、自分で用意できる資金はどのくらいか、足りない場合は、親族から借りられる額を加算します。
それでも不足する場合は、融資を受けることを考えなくてはいけません。
原則として金融機関から融資を受けるには、前年度の実績がないと難しい場合が多いため、起業する場合は、公的機関や自治体の創業者向けの融資を利用することが多いです。
融資を受けても資金計画書で算定した希望額には達しない可能性もあり、費用がかからないように自宅での開業や、中古設備等やリースの利用も視野に入れておくといいでしょう。

創業時に必要となる収支計画書の立て方

脱サラして起業したいなどの場合、金融機関から融資を取り付けたり、自治体など各種の創業支援制度を利用したいと考えることがあります。
支援するかを判断する材料として求められるのが、収支計画書や資金計画書といった事業計画や利益の見通しを示した書類です。
収支計画書は損益計画書などとも呼ばれ、開業後の収入と支出の予測を立てることが求められます。
月次の損益計画を積み上げて、採算がとれるのは創業から何ヵ月後になるのか、事業が軌道に乗るの迄にどのくらいの期間がかかるかを検討します。
早く軌道に乗り、採算が取れればいいのではなく、様々な角度から達成が見込める無理のない計画かを検討することが大切です。
収支計画の基本となるのは、売上から仕入れなどの売上原価と人件費や店舗運営費、光熱費や消耗品等の経費を控除したものが利益となる点です。
開業にあたっては、採算のとれる売上高はいくらかを把握しなければなりません。
人件費などの経費はもちろん、借入利子と借入の返済資金を稼ぎ出すことができなければ、事業は採算に乗らず、赤字経営となってしまい、各種支援や融資を受けることも困難です。
そのため、各種の経費や融資の返済資金が捻出できるための最低必要な売上高を算定しておきましょう。
最低必要な売上高は固定的にかかる経費から減価償却費を控除し、借入返済を加えたものを粗利益率で割って求められます。
粗利益率は売上高から売上原価を控除して売上で割ったものです。


▲pagetop